ジェルネイルシールの貼り方のコツ★キレイで長持ちを叶えよう!

貼るだけで簡単にジェルネイルが楽しめるジェルネイルシール!

 

 

ひとことでジェルネイルシールと言っても・・・

 

  • 貼るだけのもの
  • トップコートが必要なもの
  • UVライトで硬化するもの

 

などなど・・・使い方はさまざま!

 

 

ですが、どのジェルネイルシールでも共通するのが

爪に貼る作業が発生するということ!

 

 

にゃ管理人

ジェルネイルシールの貼り方次第で、

持ちや仕上がりが大きく変わってくるんです!

 

こちらでは、ジェルネイルシールマニアの私が・・・

 

  • インココ
  • ジェラートファクトリー
  • 3COINS
  • ダイソー
  • セリア

 

などなど、さまざまなジェルネイルシールを試してきて分かった

貼り方のコツをレクチャーしていきます!

 

ジェルネイルシールの貼り方の手順

 

まず、ジェルネイルシールの基本的な貼り方は・・・

 

  1. 爪の油分や汚れなどを除光液で落とす
  2. 爪のサイズや形に合ったジェルネイルシールを選ぶ
  3. 爪にジェルネイルシールを乗せる
  4. ジェルネイルシールを密着させる
  5. 爪先から飛び出したジェルネイルシールを折り曲げる
  6. 爪やすりで飛び出した部分を削り取る

 

という流れ!

 

にゃん管理人

言葉にすると長くて複雑な印象を受けますが、

実際にやってみるととっても簡単!

15分もあればきっと両手とも貼り終えるはず!

 

それではこの流れに沿って、

ジェルネイルシールの貼り方のコツを説明します。

 

ジェルネイルシールの貼り方のコツ【前準備】

 

ジェルネイルシールを貼る前の準備として、

やっておきたいことは次のとおり!

 

  1. 甘皮の処理をしておく
  2. 手を石けんで洗う
  3. 爪の油分や水分、汚れを除光液で落とす

 

その理由を説明します!

 

水分や油分、汚れはNG!

 

まず、手や爪についた

 

  • 油分
  • 水分
  • 汚れ
  • 残ったマニキュア

 

などがジェルネイルシールの粘着面に付着すると

粘着力が落ちてしまい、剥がれやすくなってしまいます!

 

そのため、石けんで手洗いをしたあと、

爪の表面を除光液できれいにしておくことが大事なんです!

 

にゃん管理人

ハンドクリームを塗りたくなるところですが、

ここはグッと我慢してくださいね!

必要に応じて甘皮の処理を!

 

甘皮の上にジェルネイルシールが乗ってしまうと、

その部分から剥がれやすくなってしまうんです。

 

なので、必須ではありませんが、

甘皮が気になる場合は

事前に処理しておくことをおすすめします!

 

ジェルネイルシールの貼り方のコツ

 

持ちや仕上がりがよくなる

ジェルネイルシールの貼り方のコツは・・・

 

  1. ベースコートを塗る
  2. 自爪よりも1ミリほど小さめのシールを選ぶ
  3. 自爪に合わないときははさみで調節
  4. 甘皮から1ミリほど離して貼る
  5. 両端の皮膚にかからないように少し離して貼る
  6. 爪とシールの間に空気が入らないように密着させる
  7. 爪先から飛び出したところをつまむ
  8. 両端から爪やすりで削ってカットする
  9. 爪先と爪やすりの角度は90度に!
  10. トップコートを塗る

 

それぞれの作業を具体的に説明すると・・・

 

ベースコートも使える!

 

わざわざ用意する必要はありませんが、

ベースコートを持っている場合は、

それを塗っておくといいですよ!

 

にゃん管理人

ベースコートを塗ると、爪の表面の凹凸が滑らかになって

ジェルネイルシールの密着度があがりました!

 

ちなみに私が使っているのは、ダイソーのベースコート!

 

にゃん管理人

初日のお風呂上がりに4枚も剥がれてしまったジェルネイルシールが、

ベースコートを使って貼り直したせいか、

翌日以降はお風呂に入っても1枚も剥がれませんでした!

 

そんな経験もあるので、個人的にはベースコートもおすすめです!

 

自爪よりも1ミリほど小さめのシールを選ぶ

 

爪に合ったジェルネイルシールを選ぶときは、

見栄えばかりを気にして、ついピッタリの大きさを選びがち!

 

 

ですが、剥がれにくくするためには、

甘皮や皮膚と爪の境目から1ミリほど隙間があくくらい

少し小さめを意識して選ぶようにしましょう!

 

というのも、ジェルネイルシールは、

甘皮や爪の周りの皮膚の上から貼ってしまうと、

その部分からめくれて剥がれやすくなってしまうんです。

 

にゃん管理人

そうならないためにも、

爪にはったときに1ミリほど隙間があくくらいの

サイズを選ぶようにするのがとっても大事なのです!

 

 

合わないときははさみで調節!

 

ジェルネイルシールは既製品ですから、

自分の爪の大きさや爪の根元のカーブにフィットしないことも!

 

にゃん管理人

そんなときに一番近いサイズを見つけて

「ま、いっか!」と無理やり貼ってしまうのは失敗のもと!

 

自分の爪に合わせてはさみで切ってサイズや形を調節することで

爪にフィットしてくれるようになります!

 

このようにひと手間かけることで・・・

 

  • 甘皮や皮膚の上にシールがはみだして、剥がれやすくなる
  • シールの粘着部分が小さすぎて剥がれやすくなる
  • シールが小さすぎて見栄えが悪くなる

 

といったトラブルを防ぐことができるのです。

 

台紙から剥がす前にカットしよう!

 

ジェルネイルシールを台紙から剥がした状態でカットすると、

はさみにベタベタついて切りにくくなってしまうんです・・・

 

にゃん管理人
なので、台紙がついた状態でハサミで切ることをおすすめします!

 

甘皮から1ミリほど離して貼る!

 

甘皮の上からジェルネイルシールを貼ってしまうのを防ぐため、

1ミリほどの隙間をあけて貼っていきます。

 

 

にゃん管理人

トップコートを塗るときは、この隙間を埋めるようにして

全体に塗ってあげると、持ちや仕上がりがよくなります。

 

両端の皮膚からも1ミリ離して!

 

甘皮から1ミリほど離した後は、

左右の皮膚からも1ミリほど離れるように調節して

貼っていきます。

 

皮膚の上から貼ってしまうと、

その部分から剥がれやすくなってしまうので

気をつけながら貼っていきます。

 

にゃん管理人

このときにできた隙間は

トップコートを塗るときに埋めてあげると、

仕上がりや持ちがよくなりますよ!

 

爪とシールの間に空気が入らないように!

 

ジェルネイルシールの種類によって・・

 

  • 根元から爪先に向かって貼る
  • 真ん中に乗せて両端に向かって貼る

 

などなど、貼り方が微妙に違うので

そこは説明をよく読むとして・・・

 

全てのジェルネイルシールに共通するのは

爪にジェルネイルシールを密着させるということ!

 

爪とジェルネイルシールの間に空気が入らないよう

 

  • 根元から爪先に向かって
  • 真ん中から両端に向かって

 

こすりながら空気を押し出し、密着させていきます。

 

爪先から飛び出したシールをつまんで固定

 

本来の貼り方では、ジェルネイルシールの先端を

爪先の向こう側に折り曲げるようにするパターンが多いんです・・・

 

ですが、実際にやってみると、

きれいに折曲がらずに戻ってくる感じになるので、

それを抑えながら削るのがちょっと面倒で・・・

 

 

 

なので私はこのように爪先でつまんで固定しています。

爪やすりで両端から削る

 

最後の仕上げとしてはみ出たジェルネイルシールを

削っていきます。

 

爪の先端の真ん中あたりにシールをつまんで固定した状態で、

両端から削ってくとやりやすかったです!

最後に真ん中で余ったシールを出て抑えながら削っていくと

うまく削ることができました!

 

爪先と爪やすりの角度は90度に!

 

爪先に爪やすりを90度に当てて削ると、

ジェルネイルシールの裏から爪先が飛び出さずに

キレイに仕上がります。

 

上から下へ一方向に削る

 

さらに削るときは、上下に往復するのではなく、

上から下に向かって一方向に削っていくのが

きれいに仕上がるコツ!

 

下から上に削ると、ジェルネイルシールが

めくれてきてしまうのでご注意を!

 

トップコートで仕上げる

 

最後に必要に応じて、トップコートを塗ります!

 

本来1日しか持たないジェルネイルシールが

トップコートを塗ると1週間持つことも!

 

トップコート不要のネイルシールも多いのですが、

長持ちさせるために私はいつも塗っています。

 

 

トップコートを塗るときのコツ

 

トップコートの塗り方のコツは・・・

  1. 爪とジェルネイルシールの隙間を埋めながら塗る
  2. 全体に薄く延ばす
  3. 最後に爪先の断面を重点的に塗る

という3つ!

 

爪とジェルネイルシールの隙間を埋めながら塗る

 

ジェルネイルシールの貼り方のコツとして・・・

 

  • 甘皮から一ミリほど隙間をあけて貼る
  • 両端の皮膚からも1ミリほど隙間をあける

 

と説明してきました。

 

この隙間の部分をトップコートで埋めてあげることで

それがのりしろとなって、持ちがよくなるんです!

 

トップコートを塗るときは、

ジェルネイルシールの上から塗るというよりも、

爪全体に塗るという意識で作業するとうまくいきますよ!

 

爪全体に薄く延ばす

 

トップコートを塗るときは、

あまり分厚く塗りすぎると乾くまでの間に

よれてしまいがち!

 

なので、初心者の方は特に

薄く塗るように意識して全体に塗っていきます。

 

爪先の断面を重点的に!

 

トップコートを全体に塗った後、

爪先とジェルネイルシールを削った断面に

再度トップコートを塗っていきます。

 

にゃん管理人

重ね塗りのようになってしまいますが、

乾くと案外キレイに仕上がります。

 

これはジェラートファクトリーの

ジェルネイルシールの貼り方のページで見つけたのですが、

これをするようになってからは、

ジェルネイルシールの持ちがとてもよくなりました!

 

持ちと仕上がりは貼り方次第!

 

ジェルネイルシールの貼り方のコツを紹介してきました。

 

 

こちらで紹介した貼り方は、

さまざまなジェルネイルシールの説明書きや

公式サイトから集めてきた

ジェルネイルシールの貼り方のコツをまとめたもの。

 

にゃん管理人

さまざまな種類のジェルネイルシールを使っているうちに

貼り方のコツがこんなにあることに気がつきました!

 

こんなことを意識しながら

ジェルネイルシールを実際に貼るうちに

きっとあなたも貼り方のコツがつかめてくるはず!

 

にゃん管理人

どれも簡単にできるコツばかりなので、

あまり難しく考えずに真似してみてくださいね!