インココリムーバーと市販の除光液を使い比べた口コミ

  • 2019年11月10日
  • 2019年11月23日
  • オフ
インココネイルの落とし方としては・・・
  • インココリムーバーを使って落とす方法
  • 市販の除光液で拭き取る方法
の2通りあります。
にゃん管理人

私自身は以前は市販の除光液を使っていましたが、

今はインココリムーバーを使う方法に落ち着きました。

こちらでは、インココネイルを落とす際に

インココリムーバーと市販の除光液を使い比べた経験をもとに

双方の使用感を口コミとしてまとめてみようと思います!

インココリムーバーのメリット

まず、インココリムーバーのメリットとして

私が使ってみて感じたのは以下の通り!
  • インココネイルを簡単に落とすことができる
  • インココネイルを短時間で落とすことができる
  • インココネイルをこすらずに落とすことができる
  • 使用後にいい香りがする
  • 容器が子どもには開けにくい構造になっているため安心
  • 使うものが少なくてごみも少ない
私個人の口コミとしては、インココリムーバーの

市販の除光液に比べると簡単に落とすことができるうえ、

時短にもなるというところに魅力を感じました。
にゃん管理人

使うものといっても、

私の場合はティッシュ一枚程度とそれを捨てる袋のみ!

準備も簡単ですし、

ごみも少なくて片付けもラクちんです!

インココリムーバーのデメリット

それとは反対に、

インココリムーバーのデメリットとして気になった部分も!
  • 手指へのダメージが心配
  • 甘い香りが苦手な人もいるかも!
  • 容器が開けにくい!
  • フットネイルには使えない!
といった点です。

個人的な口コミとしては、

まず、インココリムーバーは

指ごと除光液の中に入れて浸すようなものなので

手指へのダメージが気になりました。
にゃん管理人

私の場合は、インココリムーバーを使った後、

爪の周りの皮膚の部分のしわが

白っぽくなっているのが気になりました。

なので、インココネイルを落とした後は

手をせっけんできれいに洗うことで

手に残ったインココリムーバーを落とすようにしました。

それから、いつもよりこまめにハンドクリームを塗って

ケアするように心がけました。
にゃん管理人
すると、翌日には元通りになったのでひと安心したのを覚えています。
また、イチゴキャンディのような甘い香りも

苦手な人もいるのではないかと感じました。

さらに、容器の開け方も

私は事前に教えてもらっていたからよかったものの、

何も知らずに初めて使う人にとっては戸惑うだろうなぁと

率直に感じました。

現にそのような口コミも多かったように感じました。

インココリムーバーの気になる口コミ・レビューを検証!デメリットは?

市販の除光液のメリット

インココリムーバーのデメリットが気になった方にとっては

やはり使い慣れている市販のリムーバーの方が

安心して使用できるのではないかと思われます。

市販の除光液のメリットとしては・・・
  • 手指が除光液に触れるのを最小限にすることができる
  • 使用後に香りが残りにくい
  • 他の道具を使うことでより落としやすくなる
ということ。

個人的な口コミとしては、

まず、除光液の場合は、

爪の部分にだけコットンを当てればいいため、

皮膚への影響を最小限にすることができます。

また、除光液には特有の刺激臭はあるものの

その臭いは飛びやすいためあまり気になりません。
にゃん管理人

なので、甘い香りが苦手な人にとっては

市販の除光液の方がいいかと。

さらに、インココのホームページによると、
お手持ちの除光液をご使用になる場合は、

除光液を浸透させたコットンを爪の上に載せ、

インココに除光液を十分に浸透させてから落とすと、

爪を傷つけにくくオフしていただけます。

なお、ゴシゴシこすったりすると

爪を傷める場合がございますので、

絶対におやめください。

とのこと!

インココネイルに除光液を浸透させるアイテムとしては

このようなものがあります!

このキャップの中にコットンを装着して

インココネイルの上からかぶせることで除光液の浸透力が上がり

インココネイルが柔らかくなって落としやすくなるんです。
にゃん管理人

アルミホイルでも代用できますが、

小さくカットしたり処分したりする手間が大変でした・・・

なので、こういったグッズを使った方が

ずっとラクになる!という口コミをよく見かけましたし、

私自身も共感しています。

市販の除光液のデメリット

これに対して市販の除光液のデメリットは・・・
  • インココネイルを落とすのに時間がかかる
  • インココネイルを落とすのに労力もかかる
  • ラメやベースが落ちにくい!
  • こすらなければとれないことも!
  • コットンのごみが大量に!
ということ。

インココのホームページでは

「こすらないように!」との記載がありましたが、

実際にはラメやベースがなかなか落ちなくて

やはりこすらなければならない場面もありました。

私と同じような経験をしたという口コミも多かった印象です。
にゃん管理人

結果、コットンのごみも大量になり・・・

除光液も大量に使うことになり・・・

片付けも大変になり・・・

私の場合は、

最終的にはインココリムーバーを使うようになりました。

自分に合った方法を!

個人的には、やはりインココ専用というだけあって

かんたんに使えて時短にもなる

インココリムーバーの方がおすすめではありますが、

確かに気になるデメリットがあるのも事実・・・・

そんなデメリットが気になるのであれば、

市販の除光液を使って落とすことをおすすめします。

ちなみに、
  • インココリムーバーを使った落とし方
  • 除光液を使った落とし方
はそれぞれこちらの記事で紹介しています。

インココリムーバーを使った落とし方

https://ouchinailnavi.com/incoco-otosikata-remover

 

市販の除光液を使ったインココネイルの落とし方

https://ouchinailnavi.com/incoco-jokoueki

合わせてご覧くださいね!